「brainstorm」の意味は「突然のひらめき」

(画像:Unsplash

「brainstorm」の意味は「突然のひらめき」です。英語圏では何か突拍子もないひらめきが出た時に使います。 また「brainstorm」は「ブレインストーミングをする」という動詞としても使われます。「ブレインストーミング」とは、「グループ数人で自由にアイデアを出し問題解決をするワーク」のことです。「ブレスト」と略すこともあります。

「brainstorm」と「brainstorming」の違い

(画像:Unsplash

「brainstorm」と「brainstorming」の違いですが、「brainstorm」は「突然のひらめき」と「ブレインストーミングをする(動詞)」、「brainstorming」は「ブレインストーミング(名詞)」になります。 日本では「brainstorm」よりも「brainstorming」の方が馴染みがあります。ですが、アメリカなどの英語圏では会議でブレインストーミングをするのが当たり前なので、「brainstorm」を動詞として使う方が多いです。

「brainstorm」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

正しい方法で「brainstorm」を行わないと、グループ内で良いアイデアが出てこなくなります。 では、どのような場面で使っていくものなのでしょうか。 実際に「brainstorm」を使った例文をご紹介いたします。

「brainstorm」は会議で使う

「brainstorm」は会議で使います。やり方は以下の項目を決めて行っていきます。 ・「適正な場所と時間、メンバーを選ぶ」 集中できる場所を確保しましょう。時間は30~40分、人数は4人~6人が適切と言われています。「brainstorm」を進行するリーダーを1人、意見をホワイトボードにまとめる書記を1人決めます。 ・「アイデアを出して、グループ化する」 時間を決めたら、その時間でアイデアをできる限り出していきます。出てきたアイデアは3~5つのグループに分けて、各グループに「名前」を付けます。それぞれの特徴と関係性を確認しましょう。 ・「最終的に1つの結論を出す」 各グループの中から1つ、その中からさらに1つを決めて「結論」とします。最終的に1つのアイデアを出して終了です。