サブプライムローンは金利が高額

サブプライムローンは信用の低い人にお金を貸す代わり、かなり高い金利を設定していました。そのため「高金利だと分かっているなら、誰もローンを組まないのでは?」と考える人もいるでしょう。 しかしサブプライムローンでは、ローン支払い開始数年間は金利を低く設定することが出来るようになっていました。その仕組みがあったからこそ一見安くでローンを組めると錯覚してしまい、サブプライムローンを始める利用者が多数出てきてしまったのです。

サブプライムローンは証券化された

サブプライムローンでは信用度の低い人に多額のお金を貸し付けるわけですから、それ相応のリスクがあります。そこでサブプライムローンを始めた金融機関は、「ローンを組んだ人から返済を受けられる権利を、別の人に渡してしまおう」と考えました。 これがいわゆる「サブプライムローンの証券化」。住宅価格が高騰していた影響もあり、サブプライムローンでたくさんの利益を出せると考えた多数の事業者がこの証券に投資をしたのです。

サブプライムローンの問題点

そもそもサブプライムローンは、返済できるか不明な低所得者に多額のお金を貸し付けている時点で問題です。 しかしさらに問題なのが、その危険性に気づける人がいなかったこと。当時アメリカは住宅バブルともいえる状態で、住宅の値段はどんどん上昇していました。そのためこうしたハイリスクなローンも、「住宅を担保にしているから大丈夫」と見過ごされてしまったのです。

サブプライムローンの破綻の原因は?

もともとハイリスクだったサブプライムローンですが、破綻の大きな原因となったのは住宅バブルの崩壊。 もともと不自然なほど上がり続けていた住宅の価格が下がり始め、担保となっていた家を売ってもローンが返済できなくなってしまったのです。 また、金利の上昇も破綻の大きな一因と言えます。サブプライムローンは、ローン支払い開始後数年間は低金利、ある時から倍の金利支払いが必要になるシステム。サブプライムローンブームから数年がたち、突然上がった金利に対応できず自己破産してしまう人が急増したのです。