コンプライアンス研修への望ましい姿勢

コンプライアンス研修の望ましい形を考えるうえでは、研修を実施する側と研究を受講する側の両方の立場を考える必要があります。実施する側で最も重要なのは目標管理と成果の計測です。どのようなスケジュール感で誰にいつまでにどのようなスキルを身につけてもらうのか、そしてその進捗状況はどうかを常に管理しておく必要があります。 受講する側が最も避ける必要があるのは「やらされ感」です。しぶしぶ研修に参加しても意味ありません。コンプライアンス研修は自己を研鑽し、今後のキャリアアップのための必須のプロセスであることを肝に銘じることが重要です。転職を考える場合にも必ず役に立つスキルになるはずです。

コンプライアンス研修で社会に柔軟に対応できる人材へ

今後雇用環境はますます流動的になると思われます。一つの企業文化の中にドップリと浸かって、一企業だけでビジネスマンとして過ごすことが珍しくなろうとしています。 専門性を磨く前にグローバルスタンダードなスキルを身につけることが必要です。コンプライアンス研修は組織のためにも、個人にとってもその重要性がますます高まると考えられます。