コンプライアンス研修とは

コンプライアンスは日本語に訳すと「法令遵守」ですが、ビジネスシーンで使われる場合は個人的に法令を守るというよりも、組織として社会的な批判を招かないような行動をさす場合が多いと考えられます。守るべき対象も法律や条令にとどまらず、一般的な規範であったりルール・慣習なども含まれます。 コンプライアンス研修はこれらのコンプライアンスを周知徹底するための教育・訓練のことをさします。

コンプライアンス研修を行う理由

近年企業などの組織はコンプライアンスの重要性を強く意識するようになりました。組織に不祥事が発生すると必ずコンプライアンスが徹底されていたかどうかが話題にされます。コンプライアンスの欠如は組織に致命的な打撃を与えます。 このため企業は日常的にコンプライアンス研修に取り組む必要があります。コンプライアンス研修を企画・実施する側もこれを受講する側も、何のためにコンプライアンス研修を実施する必要があるのか理解できていないとその効果があがらないのは当然です。

法令や社会のルールを再確認し、規律意識を向上

コンプライアンス研修の最大の目的は法令や社会のルールを再確認し、規律意識を向上させることであるのはいうまでもありません。「みんなで渡れば怖くない」などといってルール破りを組織全体で確信的に行うなどは論外です。 その組織が守るべき対象としてのルールは何なのかを組織全体が理解するとともに、それらが守られないときに組織がどのような状況に陥るかの危機意識を共有するためにもコンプライアンス研修は重要です。