「上長」の要点

  • 意味:「歳や役職や地位が自分より上の人のこと」
  • 例文:「現在「上長に確認」をとっているところでございます。」
  • 類語:「上席」「上司」「上役」「リーダー」など
  • 英語:「boss」「senior」

上長とは

(画像:Unsplash

ビジネスマンであれば必ず「上長」又は「上長」に似た言葉を使ったことがあるはずです。このように、よく使う言葉であり、また目上の人に対して使う言葉でもあるので、「上長」という言葉の基本的な使い方はしっかりと押さえておきましょう。 まずは、「上長」の読み方、意味から見ていきましょう。

上長は「じょうちょう」と読む

「上長」は「じょうちょう」と読みます。難しい字ではありませんので、問題なく読めるでしょう。 「上」は音読みでは「じょう・しょう」ですが、訓読みでは多くの読み方があり「うえ・うわ・かみ・あげる・あがる・のぼる・のぼせる・のぼす」があります。一方「長」の音読みは「ちょう」で訓読みは「ながい」です。   したがって「上長(じょうちょう)」は、二つの漢字の音読みで構成されています。

上長の意味は「歳や役職や地位が自分より上の人のこと」

「上長」の意味は「歳や役職や地位が自分より上の人のこと」です。字の構成からもおおよその意味は推測されます。 「上」はその字のとおり「歳や地位・立場が上の人」を意味し、「長」は「歳が長(ちょう)じている人・大勢を統率する長(おさ)」という意味ですから、「上長」で「歳や役職や地位が自分より上の人のこと」となります。 「長」が付いていることから、一般的には「課長・部長」などの「長」が付く役職の人に対して使われる言葉という見方もあります。