バカヤロー解散の概要

1953年(昭和28年)2月に行われた第15特別国会の衆議院予算委員会の質疑の中で、吉田茂首相が「バカヤロー」と発言したたため衆議院を解散する羽目になりました。この解散はバカヤロー解散と呼ばれています。 発言はすぐにを取り消されたのですが、その後国会は紛糾して内閣不信任決議案が可決されたため、衆議院は解散されました。

1953年に起きた衆議院解散の俗称

1953年3月14日に起きた衆議院解散は俗称バカヤロー解散といわれます。その由来は当時の吉田茂首相が国会で「バカヤロー」と暴言を吐いたことにあります。 この国会は第15特別国会で、この年の2月28日に開かれた衆議院予算委員会において発言されました。 この発言に対して懲罰動議が提出され3月2日に可決されたのに続いて、内閣不信任決議案も3月14日に可決されたため、首相が衆議院を解散したものです。

吉田茂首相が西村栄一議員に「バカヤロー」と発言したことがきっかけで衆議院は解散

バカヤロー発言は衆議院予算委員会における社会党の西村栄一議員と吉田首相の施政演説をめぐる質疑応答の中で出たものです。 西村栄一議員の質問に興奮した首相がバカヤローとつぶやいたのが相手に聞こえたというのが実情です。首相はすぐに発言を取り消し、西村栄一議員もこれを承認しています。 しかし、この発言に対して議会軽視であるとして社会党が懲罰委員会に付託するための動議を提出して、その後解散に追い込まれることになりました。