東京オートサロンで起きたランボルギーニ空ぶかしトラブル

騒動が発生したのは「東京オートサロン2020」の閉幕後のことでした。多くのブースが撤収準備を行う中、一部の展示車両が会場内で空ぶかしを行い、騒音問題を起こしました。 居合わせた人々から多数の苦情が出ても騒音は収まらず、周辺はしばし騒然としました。

東京オートサロンに出展したランボルギーニオーナーが会場で空ぶかし

騒音問題を起こしたのは、デザイナーの諸星伸一さんが代表を務めるランボルギーニ愛好家集団「諸星一家」です。 「諸星一家」は電飾を駆使した派手な改造をすることで知られており、最盛期には参加者のランボルギーニが合わせて100台以上にもなったそうです。 「東京オートサロン2020」閉幕後、18時頃に「諸星一家」のランボルギーニ2台が空ぶかしで騒音を上げ始めました。この時に派手な電飾の点灯もあったため、非常に目立ちました。

空ぶかしに対して苦情が殺到

ランボルギーニの空ぶかし騒音騒動は、ブースの撤去や展示車両の搬出作業を横目に行われました。参加者も出展者もほぼすべてが撤収中だったことから、「諸星一家」の空ぶかしは非常に目立ちました。 2台のランボルギーニの迷惑行為には苦情が殺到し、「東京オートサロン2020」の関係者が注意勧告も行ったようですが、それでも空ぶかしは止みませんでした。 2台のランボルギーニは、同じく会場に出展していた「リバティーウォーク」のパーツやステッカーを使用していました。事情を知らない人々は騒音ランボルギーニの関係者と勘違いし、「リバティーウォーク」に空ぶかしを止めさせるよう要望が集まりました。