年収600万円の生活

年収600万円といえば社会人としては「勝ち組」と認識されるだけあって、ある程度のキャリアと実力を兼ね備えていないとなかなか達成できる給与レベルではありません。 ただし、一定の生活レベルを維持するには手取りから貯金できる金額を確保し、住宅や子供の教育費、車にかけられる費用をしっかりと算出しておくことが大切です。

年収600万円の手取り・税金

年収600万円の手取りを計算するには税金や社会保険料を考慮しなくてはなりませんが、税金には所得税と地方税があり配偶者の収入や扶養となる子供の人数などによって税額は異なります。 さらに、社会保険料が控除されることを考えると年収600万円の場合、手取りは450万円~460万円程度となり月収に換算すると35~38万円程度です。

年収600万円の住宅ローンの金額や返済額

一般的に住宅ローンは年収の5倍までに借入額を抑えておけば安心ですから、年収600万円だと借入額は3,000万円までなら問題ありません。 住宅ローンの借入額を3,000万円だとした場合、月々の返済額は金利方式にもよりますが8万円~9万円程度となり、返済ができない金額ではありませんが年齢や返済期間を考慮する必要があります。

年収600万円の場合の家賃の金額

毎月の収入に対する家賃の割合は3割程度に抑えるのが理想ですから、年収600万円だと家賃10万円~11万円程度の物件を探したいものです。 ただし、家賃相場は生活する地域によって大きく異なり都心部になるほど高騰しますから、独身だと問題はありませんが家族で暮らす場合はやや手狭な物件になることも覚悟しなければなりません。