歌手の槇原敬之容疑者を覚せい剤取締法違反の容疑で警視庁が逮捕

1分でわかるニュースの要点

  • 槇原敬之容疑者が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕
  • 1999年にも覚せい剤取締法違反の容疑で有罪
  • 後を絶たない芸能人の薬物問題

2020年2月13日に警視庁が歌手の槇原敬之容疑者を覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕しました。 2018年4月に港区のマンションで覚せい剤0.083グラムを所持していた容疑にくわえて、危険ドラッグである「RUSH」も所持していた疑いがあります。 槇原敬之容疑者は1999年にも覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕されており今回の逮捕は2度目の逮捕となります。

2度目の逮捕となった槇原敬之容疑者

1999年8月26日に槇原敬之容疑者の自宅から覚せい剤が見つかり古くからの友人である奥村秀一氏と共に逮捕されています。 この逮捕では懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けており、2000年の11月まで活動を停止していました。

後を絶たない芸能人の薬物問題

芸能人の薬物事件は後を絶ちません。 直近では2019年11月に沢尻エリカ、2019年5月に田口淳之介、また最近活動復帰が報道されたピエール滝も2019年3月に逮捕されています。 昨今の芸能人の薬物問題に対する風当たりの強さや今回の逮捕が2度目の逮捕である槇原敬之容疑者には厳しいバッシングと共に大きな代償を払うことになる可能性は否めないと思われます。