伊勢谷友介に対する批判と擁護の声

伊勢谷友介の逮捕は、各界に大きな衝撃を与えています。その大半は彼の軽率な行動を批判するものであり、以前からの奇行を指摘する声もありました。常習性も噂されており、今後の芸能活動は不透明です。 一方で、ごく一部の大麻推進派からは擁護の声も聞かれています。しかし、日本では大麻は禁止されており、違法であることに変わりありません。したがって、擁護の声がこれ以上大きくなることはありませんし、あってはならないことだといえるでしょう。

日本での大麻

日本において大麻は「大麻取締法違反」で規制されています。当然、所持することも吸引することも違法です。しかしながら、大麻推進派が一定数存在するのも事実だといえるでしょう。他の薬物とは異なり、大麻には推進派の存在がが根強いのでしょうか。

なぜ海外では大麻が合法な国があるのか

大麻を合法化した最初の国は南ウルグアイです。ブラックマーケットが大きな勢力を持っていました。そこで、大麻を敢えて合法とすることで、組織犯罪の弱体化することに成功しました。 アメリカの一部の州でも合法とされています。大麻の有害性に対する疑念が大きく、お酒やたばこと同レベルだと考えられているのが実態です。規制に税金を使うのは無駄だと考えられていることも解禁の理由だといえるでしょう。世界で解禁されているのは2か国のみです。

日本での大麻規制と今後

日本での大麻規制について、解禁になることはあり得ないでしょう。一部の大麻推進派は、「害はない」「医療現場で使われている」と主張しています。しかし、大麻には依存症やメンタル疾患の悪化、呼吸器疾患などが確認されているのが実態です。 加えて、日本国民は薬物にアレルギー反応を示す傾向が強くあります。このことは、芸能人の大麻逮捕への反応からも明らかです。したがって、日本で大麻が合法化することはあり得ないのが実情です。