「構築」「理解」

まず、スキームは「作成」より「構築」という言葉で表現します。また、「スキームを組む」「スキームを考える」「スキームを見直す」といった使い方をする場合もあります。例文は下記の通りです。 ・新たなスキームを構築しました。 ・スキームを理解すれば難しいことはない。

「事業」「課金」

スキームは名詞と組み合わせて使うことも多くあります。その場合、「名詞に関する」スキームという意味になります。組み合わせる名詞には、「事業」「販売」「営業」「課金」「租税回避」「M&A」などがあります。例文は下記の通りです。 ・事業スキームを明確にしようと思う。 ・その課金スキームは画期的な発想だ。

「図」

スキームを分かりやすく表した図をスキーム図といいます。企画書やプレゼン資料を作成するとき、スキーム図を盛り込むことを指示されることも多いでしょう。例文は下記の通りです。 ・プレゼンに向けて、スキーム図を作成しておいてくれ。 ・スキーム図によって、相手にメリットをしっかり伝えることができた。

スキームの作り方、構築の仕方

(画像:Unsplash

ここまで、スキームの実際の使い方と例文をいくつかご紹介しました。続いて、スキームの構築の仕方についても解説します。 スキームを構築する場合、まずは情報を整理することが大切です。SWOT分析や3C分析、STPなどのフレームワークを用いて外部環境や自社の強みを分析しましょう。 情報を整理したうえで、目的を明確にし、目的を実現するための計画をできるだけ具体的に立てます。このとき、関連法規を参照したり、予測されるリスクと対策を盛り込むのもいいでしょう。 計画を立てたら、全体の仕組みをわかりやすいようにスキーム図にまとめておくと、メンバー間で共通認識を作ったり外部にプレゼンしたりするときに便利です。