スキームとは

(画像:Unsplash

スキームという言葉はビジネスシーンでよく耳にします。スキームは使いやすい言葉なので、「何となく」で使ってしまっている人も多いのではないでしょうか。しかし、意味を取り違えて使うと恥をかいてしまいます。 スキームの意味や使い方を正しく理解するようにしましょう。また、スキームを念頭において発想するクセを身につけることで、ビジネスマンとして大切な思考法を学ぶことができるはずです。

スキームの基本の意味は「枠組みのある計画」

スキームの意味は「枠組みのある計画」です。計画という言葉は、構想段階で使うこともあります。一方スキームは、枠組みや仕組みを伴う具体的な計画や方法、施策を表す言葉です。 また、スキームは単なる枠組みとも区別されます。枠組みは、大まかなアウトラインや物事のあらましを表すのに対して、スキームは綿密に練られた仕組みをいいます。枠組みより複雑な仕組み、具体的な効果が想定される仕組みに対しては、スキームという言葉を使いましょう。

スキームは英語の「scheme」に由来する

ビジネスシーンで使われるスキームは、もともと英語の「scheme」に由来します。「scheme」は動詞としても名詞としても使える英単語です。 「scheme」には、「綿密で体系的な計画・構想」「たくらみ・陰謀・策謀」「構成・組み合わせ」「政策・公的な事業計画」といった様々な意味があります。 このうち、「綿密で体系的な計画・構想」という意味がビジネスシーンで用いられるスキームのもとになったといえるでしょう。

スキームの使い方と例文

(画像:Unsplash

ここまで、スキームという言葉の意味について、計画や枠組みといった言葉と比較しながら説明しました。また、英語の「scheme」の意味と、ビジネスシーンで使われるスキームの意味の違いについても解説しました。 続いては、スキームの実際の使い方と例文をご紹介します。スキームという言葉の意味をきちんと理解できていないと、上司から指示を受けた場合も適切なアウトプットが提出できないことがあります。スキームという言葉を正しく使いこなせるようになるためにも、しっかり確認しましょう。