「doubt」とは

「doubt」という言葉はスマホゲームのタイトルにされたり、トランプ遊びの一つにもなったりと日本人が普段から慣れ親しんでいる単語の一つです。 この記事では「doubt」が外国ではどのように使われているかや類義語について紹介していきます。まずは正しい読み方と意味を押さえましょう。

「doubt」の発音

「doubt(dάʊt)」の発音は「ダウトゥ」です。音節は複数に分かれず「doubt」のみで、アクセントは「o」に付けて発音しましょう。 その他の読み方は、名詞の複数形や動詞の三人称単数系の時は「doubts(ダウツ)」、過去形・過去分詞形の場合は「「doubted(ダウティッドゥ)」、進行形の場合は「doubting(ダウティング)」となります。

「doubt」の意味

「doubt」の意味には「〜を疑う」「〜を信用しない」「〜を疑わしいと思う」などがあります。 用法としては「doubt A(Aを疑う、Aを信用しない)」「doubt of A(〜への疑い・〜への不信感)」「doubt whether/if〜(〜かどうかを疑う・疑わしいと思う)」「doubt that〜(〜ということを疑う・〜ということはなさそうだと思う)」 などがあります。 「A」と表記した部分には目的語として名詞が置かれ、「〜」と表記した部分には主語と動詞を伴う文が来ます。

「doubt」の使い方と例文

前の見出しでは「doubt」の正しい発音・意味・「doubt」の用法をいくつか紹介しました。訳し方は複数ありますが、どれも「相手や、目の前の物事に対する不信感」を表現しています。 ここからは「doubt」を使った慣用表現を紹介します。難しい意味はありませんので、ひとつずつ意味を確認して下さい。