1分でわかる松山刑務所事件

単純な理由で無法地帯となった「松山刑務所事件」とは

  • 蟻のひと穴となった一通の手紙という罠
  • 無法地帯の中に飲み込まれた刑務官の倫理
  • 暗闇に消されてしまった国家の不祥事

「松山刑務所事件」は1964年に起きた刑務所内の脅迫、暴行事件です。顔見知りであった暴力団員から手紙の投函を頼まれた刑務官が正規の手続きを経ずに送ってしまったのです。 看守は暴力団員から脅迫されるようになり、幹部職員も含め組員達から脅迫、暴行を受けるようになります。こうして施設内は暴力団員による飲酒や強姦などが横行する無法地帯となっていきます。

松山刑務所事件の概要

「松山刑務所事件」とは収監中の暴力団員が以前から顔見知りであった看守に手紙の投函を依頼します。拘置所内の脅迫・暴行事件はこの1看守の不正行為からはじまります。 松山刑務所内は暴力団員による飲酒、賭博、強姦が横行する無法地帯となっていきます。1看守の気のゆるみから起きた事件は何故ここまでの大事件になってしまったのでしょうか。

1966年の松山刑務所内での事件

1966年に大量収監された暴力団員は顔見知りの看守に手紙の投函を依頼します。看守は手紙を投函した謝礼として暴力団員から金銭を受け取ってしまいます。 これを発端として拘置所内の秩序は乱れはじめ、刑務所内の幹部職員は日常的に脅迫や暴行を受けるようになります。 やがて暴力団員達の行動はエスカレートしていき、刑務所内は飲酒や賭博、女性囚人への強姦などが日常的に起きる無法地帯と化していきます。

犯人は大量の暴力団関係者

大量に収監されていた暴力団員の殆どが1964年6月7日に起きた「第1次松山抗争」の関係者でした。この抗争で逮捕されたのは矢島組が20名、郷田会が41名です。 1度にこれだけの人数が収容されると、看守の仕事を遂行することは非常に困難です。なぜなら舎房担当職員は日常の業務から収容者との接触が多くなります。 それだけに如何に彼らに篭絡されないように、また親和感を生まないように注意を払わなければいけないからです。