アセスメントとは

「アセスメント」という言葉はビジネスシーンやその他の機会で頻繁に使われている言葉です。「アセスメント」という言葉を正しく使うために、まずは意味や語源を確認しましょう。 以下では「アセスメント」が持っている意味と、語源となった英単語について解説します。

アセスメントの基本の意味は「評価」

まず「アセスメント」の意味は「評価」です。「アセスメント」が指す「評価」とは対象が人とは限らず物や仕組み、出来事などにも及びます。何らかの物事や人を客観的に見た評価自体を「アセスメント」と言います。 ビジネスシーンでは「アセスメント」をアセスと略して使うこともありますし、自分で自分を評価することを「セルフアセスメント」と言うこともあります。 また「アセスメント」という言葉は、税金関連についても良く使われます。税金の評価や査定額などのことを指す場合もあるので、「アセスメント」の前後の言葉や文脈から何について使われているのかを判断することも必要です。

アセスメントは英語の「assessment」に由来

「アセスメント」は英語の「assessment」に由来しています。 「assessment」とは名詞で「財産や収入についての評価」「税額」「できごとについての意見や判断」という意味です。英語の「assessment」はビジネスシーンで使われる、人やできごとへの評価という意味よりも税金に関しての評価という意味が強くなっています。 「assess」とは「~を評価する」という意味の動詞で、「ment」は「動作や結果」という意味の接尾辞です。そのため「assessment」は「人や物を評価した結果」という意味となり、日本語の「評価」という言葉に当てられています。

アセスメントは様々な分野で使用される

「アセスメント」という言葉はビジネスシーンだけでなく、介護や医療の場面でも日常的に使われています。 しかし同じ「アセスメント」という言葉でも、使われるシーンによって独特の解釈をすることもありますので、それぞれの場面に合った「アセスメント」の意味を理解しておきましょう。