1分でわかる堺あおり運転事件

1分でわかる堺あおり運転事件

  • 2018年7月に大阪府堺市内で起きた、あおり運転による車のバイクへの追突事件
  • バイクへの衝突後、加害者は「はい、終わり~」と発したことがドライブレコーダーに記録されていた
  • 危険運転致傷ではなく、殺人の故意が争われた事件

「堺あおり運転事件」は、2018年7月に大阪府堺市で起きたあおり運転によるバイク事故です。男子大学生が死亡、あおり運転をしていた容疑者は現行犯逮捕されます。 あおり運転が社会問題化する中、犯人が危険運転致死傷罪でなく殺人罪で起訴された異例の事件です。今回は「堺あおり運転事件」について紹介します。

堺あおり運転事件の概要

「はい、終わり~」これは「堺あおり運転事件」の加害者があおり運転の末、男子大学生が乗るバイクに追突し、停車した後に発した言葉です。 「堺あおり運転事件」の代名詞であるといえるこの言葉は、社会の多くの人に怒りを与えたことでしょう。まずは、「堺あおり運転事件」の概要について解説します。

2018年7月に大阪・堺で起きたあおり運転事件

「堺あおり運転事件」は、2018年7月に大阪府堺市南区の大阪府道38号線で起きました。事故現場は、交通量の多い幹線道路で、帰宅ラッシュの時間帯と重なっていました。 中村被告の車を被害者のバイクが追い抜いて行ったことに腹を立て、あおり運転が開始されます。あおり運転は、距離にして約1キロ、時間にして1分間にわたって行われました。 最後には被害者に衝突します。停車後、「はい、終わり~」という軽い口調の言葉が中村被告の口から発せられたのがドライブレコーダーに記録されていました。

被害者は男子大学生

被害にあったのは、事件当時22歳の男子大学生でした。頭蓋骨骨折などのけがを負い、死亡しました。事件当日はアルバイトを終えて、帰宅途中での出来事でした。 被害者は、大学4年生でバイク関連の会社に就職が決まっていたそうです。バイクに乗っていたことからも、根っからのバイク好きだったのではないでしょうか。 何の落ち度もない、未来ある若者の命がこのような軽率なあおり運転により、失われてしまったことは甚だ残念でなりません。

【関連記事】凶悪なあおり運転の事故についてはこちら!