テレ朝の「10万円でできるかな」の宝くじ企画にやらせ疑惑

1分でわかるニュースの要点

  • 人気番組「10万円でできるかな」に衝撃のやらせ疑惑
  • 「消えた天才」など相次ぐやらせ報道と番組打ち切り
  • やらせと演出の線引きの難しさ

人気タレントを擁したバラエティ番組「10万円でできるかな」でやらせ疑惑がありました。 テレビ局はやらせ自体は否定していますが、近年この手の演出過多と思われるやらせ疑惑がたびたび報道されています。 娯楽としてのテレビの衰退に焦りの見える企画サイドが、やらせと演出の境目を危うくしていると思われます。

10万円を元手に宝くじを購入する企画

朝日テレビの「10万円でできるかな」は人気芸人のサンドイッチマンとバラエティでの活躍が光るジャニーズアイドル・Kis-My-Ft2がメインの、ゴールデン帯に放映されているバラエティ番組です。 10万円を元手にして空き家をDIYをしたり宝くじを買ったりして、元が取れるかどこまでできるのかを一喜一憂しながら真剣に取り組んでいく姿が見どころとなっています。 つい最近では年末ジャンボ宝くじの購入チャレンジにおいて、番組過去最多5本の10万円の当たりくじを引き当て大いに盛り上がっていました。

実際には10万円を超える金額が使われたか?

今回この番組でやらせがあったのではないかということが一部週刊誌で報道されました。 スクラッチ宝くじ企画において10万円以上の宝くじを購入し、途中までスタッフが削った当たりの確立が高そうなくじをストックするなどの演出がされたのではないかとの内容です。 ちなみに10万円以上の宝くじを購入したことについては番組側は認めています。

テレビ朝日はやらせは否定も謝罪

テレビ朝日はこれに対してやらせは否定しています。 10万円以上の宝くじを購入したことは事実としながらスクラッチを削る前からあらかじめ当たりくじだけを選ぶことは不可能であり、当たりくじの傾向・対策の検証と番組の演出としてどうスクラッチを開けると効果的かなどの検証のため、事前に購入したスクラッチが残っていたことが10万円以上となったのが理由だとのことです。 また謝罪に関しては以前深夜帯の放映時間だった際の企画についてですが、天候不順で発育不良だった作物の代わりに他で購入したものを撮影に差し替えて放送したことを、行き過ぎた演出だったと陳謝しています。