まとめ

(画像:Unsplash

年収700万円の人は年代でいえば30代後半から40代、サラリーマンであれば役職クラスとなりますから安定的な収入が見込まれます。しかし、子供の教育費など支出の多い年代でもあります。 したがってご自身の借入限度額を安易に借り入れるのではなく、自身を取り巻く生活環境を考慮し無理なく返済できる金額を見極めることが大切です。