3度目の獄中結婚を果たした木嶋佳苗死刑囚

木嶋佳苗死刑囚とは

  • 木嶋佳苗が首都圏連続不審死事件の犯人として逮捕される
  • 2017年5月9日に最高裁が上告を棄却したことで死刑が確定
  • 収監されてから3度の獄中結婚を果たす

首都圏連続不審死事件の犯人

木嶋佳苗死刑囚が「首都圏連続不審死事件」を起こしたのは、2007年から2009年にかけてのことです。2009年8月6日に埼玉県富士見市で遺体が発見され、埼玉県警が捜査を始めたことで事件が発覚しました。 死亡した男性の交際相手として木嶋佳苗の名前が上がり、捜査の過程で彼女の交際相手に不審死を遂げた人が多いことがわかります。 同年9月25日に木嶋佳苗は結婚詐欺の容疑で逮捕されます。そして2010年2月22日に男性の殺人罪で起訴され、同年10月29日には東京都青梅市に住んでいた男性の殺害容疑で再逮捕されました。

数々の男たちを騙してきた

木嶋佳苗死刑囚が殺害したとされる男性は3名ですが、被害にあった男性はこの3名に止まりませんでした。この他に男性が3名不審死を遂げているほか、結婚詐欺で大金を貢がせた男性はもっといたのです。 結婚詐欺・結婚詐欺未遂・窃盗の被害者になった男性は、7名いました。被害金額は少なくて5万円、多い人は400万円以上をだまし取られています。 最も被害額が大きかった70代の男性は、約7400万円を木嶋佳苗死刑囚に貢いでいたほどです。

【関連記事】逃亡中に男性に匿われていた女性の事件はこちら