3度の獄中結婚・木嶋佳苗死刑囚。魔性の女の魅力やテクニックに惑わされる男たち

経済

2019年11月5日

木嶋佳苗は首都圏連続不審死事件の犯人であり、死刑宣告が下されています。数々の男性を騙してきた経験があり、刑務所でも3度の獄中結婚をしています。なぜ、彼女はこれほどまでに男性を惑わすことができるのでしょうか。今回ビズキャリonlineでは木嶋佳苗の人物像に迫ります。

3度目の獄中結婚を果たした木嶋佳苗死刑囚

木嶋佳苗死刑囚とは

  • 木嶋佳苗が首都圏連続不審死事件の犯人として逮捕される
  • 2017年5月9日に最高裁が上告を棄却したことで死刑が確定
  • 収監されてから3度の獄中結婚を果たす

木嶋佳苗死刑囚は、2007年から2009年に起きた「首都圏連続不審死事件」の犯人です。決して美人でもスタイルが良いわけでもないのに、結婚詐欺をくり返し殺人まで犯していました。 事件以上に注目されたのは、木嶋が3度の獄中結婚を果たしたからです。今回はそんな木嶋死刑囚が起こした事件や結婚歴について、解説します。

木嶋佳苗死刑囚

首都圏連続不審死事件の犯人として裁かれた木嶋佳苗は、裁判員裁判で初めて死刑判決が下った女性被告人です。2017年5月9日に最高裁の判決により死刑が確定し、東京拘置所に収監されています。 ここでは木嶋死刑囚が起こした事件と人物像について、説明します。

【関連記事】女性死刑囚が起こした事件はこちら

首都圏連続不審死事件の犯人

木嶋佳苗死刑囚が「首都圏連続不審死事件」を起こしたのは、2007年から2009年にかけてのことです。2009年8月6日に埼玉県富士見市で遺体が発見され、埼玉県警が捜査を始めたことで事件が発覚しました。 死亡した男性の交際相手として木嶋の名前が上がり、捜査の過程で彼女の交際相手に不審死を遂げた人が多いことがわかります。 同年9月25日に木嶋は結婚詐欺の容疑で逮捕されます。そして2010年2月22日に男性の殺人罪で起訴され、同年10月29日には東京都青梅市に住んでいた男性の殺害容疑で再逮捕されました。

【関連記事】首都圏連続不審死事件についてはこちら

数々の男たちを騙してきた

木嶋佳苗死刑囚が殺害したとされる男性は3名ですが、被害にあった男性はそれだけではありません。この他に男性が3名不審死を遂げているほか、結婚詐欺で大金を貢がせた男性はもっといたのです。 結婚詐欺・結婚詐欺未遂・窃盗の被害者になった男性は、7名いました。被害金額は少なくて5万円、多い人は400万円以上をだまし取られています。 最も被害額が多かったのが千葉県松戸市に住んでいた70歳の男性で、約7400万円を木嶋死刑囚に貢いでいました。

【関連記事】逃亡中に男性に匿われていた女性の事件はこちら

木嶋佳苗の拘置所日記というブログも更新

木嶋佳苗は逮捕後、東京拘置所に収監されます。そして刑が確定する前から、「木嶋佳苗の拘置所日記」というブログを開設し現在もブログは存在します。 拘置所ではパソコンが使えませんので支援者の男性に手紙を送り、それを撮影したものかプロのライターに入力させた原稿をブログにアップしてもらっています。しかし2018年5月18日を最後に、更新は止まったままです。

1/3

続きを読む

関連記事