パラダイムシフトとは

歴史を振り返るまでもなく人類はパラダイムシフトを繰り返して進歩してきました。でも何がパラダイムシフトで何がそうでないか明確に答えることができるでしょうか? 企画会議などでもあやふやな定義のままパラダイムシフトが使われています。 まずはパラダイムシフトの正しい意味と英語表現について見てみましょう。

パラダイムシフトの意味は「ある集団の考え方、価値観、常識が変化すること」

パラダイムは「規範」や「範例」を意味しますが、近年その意味が拡大解釈されて「認識の仕方」や「旧態依然とした考え方」などの意味合いを持つようになりました。シフトは「移動」や「移行」を意味しますので、パラダイムシフトは「考え方や価値観、常識が劇的に変化すること」の意味で使われることが支配的になっています。 パラダイムチェンジともいわれますが、ある意味パラダイムシフトは日常のビジネスシーンで柔軟に使われ、「常識を疑う」、「発想を変える」、「固定観念を捨てる」のような意味で幅広く使われています。

パラダイムシフトは英語の「paradigm shift」に由来する

パラダイムシフトの英語表現は「paradigm shift」です。そのままカタカナ英語として使われています。 ・A paradigm shift in thinking. (発想の転換) 最初に現代的な意味でパラダイムという言葉を使ったのは科学史家のクーン(Thomas S. Kuhn)でした。彼は著書「科学革命の構造」の中で科学史の発展に関する切り口でパラダイムという言葉を使いましたが、これが拡大解釈され経済・社会や思想・哲学の領域を含め様々な分野で使われるようになりました。

パラダイムシフトの使い方と例文

パラダイムシフトという言葉は様々な分野で使われますが、単なる量的な拡大やマイナーチェンジだけではパラダイムシフトとはいいません。パラダイムシフトというからには非連続的なジャンプが必要で、何らかの根本的な考え方がチェンジする必要があります。 幾つか具体的な例文で見てみましょう。