英語は「inevitable」「unavoidable」

「必至」は英訳すると「inevitable」または「unavoidable」となります。

「inevitable」は「必然的」「免れない」というニュアンスの時に使います。一方の「unavoidable」は「避けがたい」「やむを得ない」時に使用します。

必至の意味②「将棋で必ず詰んでしまうこと」

(画像:Unsplash

「必至」は将棋用語で、王手をかける際の戦法の一種を指します。「どのような手を打っても残り一手で相手が詰まってしまう状況」を意味します。つまり「負けから逃れられない状況」ということです。 将棋用語でいう「必至」には「詰めろ」や「詰み」があることも、合わせて覚えておいてください。

「将棋で必ず詰んでしまうこと」の例文

「必至」は「将棋で必ず詰んでしまうこと」という意味でも使われます。

例文

  • 名人による一手で挑戦者は必至の状況に追い込まれました。
  • 名人の玉に必至がかかったため、勝ちたいなら挑戦者に玉を詰ますしかないです。

この例文は将棋観戦の時などに使われます。将棋の対戦で「必至」をかけられると、大抵の場合はかけた方が勝利します。

英語は「absolutely sure」

将棋の世界に限りませんが、「必至」を英訳した際に「absolutely sure」が使われることがあります。

このように「absolutely sure」は、「確信する」を意味する英語です。そのため「必至」を英語で表現する際に使われることが多いです。