コンシューマー とは

コンシューマーという単語は特にビジネスシーンでよく耳にします。コンシューマーは経済において重要な意味を持つため、ビジネスマンであれば覚えておきたい単語です。 まずはビジネスシーンで使われるコンシューマーの意味と、語源となった英単語の意味について解説します。

コンシューマーの意味は「消費者」

コンシューマーの意味は「消費者」です。商品やサービスなどの最終利用者を指します。コンシューマーの意味を理解するうえで重要なことは、商品・サービスの購入者と使用者が異なる場合、使用者の方をコンシューマーと呼ぶことです。 たとえば工務店が資材を購入したとしても、工務店がその資材を最終的に使用するわけではありません。この場合のコンシューマーは工務店に建築を発注した人になります。

コンシューマーの英語は「consumer」

コンシューマーの由来は、英語の「consumer」です。「consumer」の例文は下記の通りです。 ・We always satisfy the need of general consumers. (我々は常に一般消費者のニーズに応える。) 「consumer」は「消費者」という意味の名詞です。形容詞として用いる場合は、軍事用・産業用といった意味ではなく「民間向けの」という意味になります。

コンシューマーの類語と対義語

ここまで、コンシューマーの英語の意味と例文、日本語で使われる場合の意味について解説しました。続いては、コンシューマーの類語と対義語をそれぞれご紹介します。 類語や対義語の意味を知ることで、コンシューマーの微妙なニュアンスや、どのような場面で使うのが適切なのかを理解することができます。