「顎で使う」の意味は「高慢に指図したり何かをさせること」

(画像:Unsplash

皆さんは「顎で使う」の意味をご存知ですか? 『顎で使う』とは、正しくは『高慢に指図したり何かをさせること』という意味になります。 よく聞く言葉ですが、言葉としてはなかなか発することの少ない言葉ですよね。 ニュアンスとしては分かるものの、意味として正しくと言える方は少ないのではないでしょうか。 この言葉は口で言う代わりに顎を使って、上から指図する時によく使います。 今回は、そんな「顎で使う」という言葉についてより詳しく解説していきます。

「顎で使う」の由来

(画像:Unsplash

「顎で使う」の由来・語源をたどると、日本の古くからの慣習に由来します。 日本では大昔から、身分の高い「殿様」や「大名」が自分の身を隠すために「顔を見せない」慣習をとっていました。 理由として個人を特定されると、自分の身の危険が脅かされる時代だったからです。 そのため「家臣」などの部下、「家来」などの目下の者には土下座や深々と頭を下げさせて、自分の顔を見せないようにしていました。 つまり、家臣や家来などからは目上の方というのは「顎しか見えない」状態だったのです。 そしてこの顎が上下に動くのか、それとも左右に動くのかで殿様や大名が何をして欲しいのかを察する文化だったと言えますね。 その「顎で使う」という慣習が現代になって、「高慢に指図したり何かをさせること」という意味に少しずつ変わってきたと言えます。

「顎で使う」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「顎で使う」という言葉の意味は「高慢に指図したり何かをさせること」という意味だと分かりました。 では、「顎で使う」という言葉にはどのような使い方、例文があるのでしょうか。 実際に「顎で使う」使い方や例文をご紹介いたします

「顎で使う」の使い方

(画像:Unsplash

「顎で使う」という言葉は、目下の者を従えさせるために使うことが多い言葉です。  ですので、「顎で使う」の前に主語を交えて、誰に対して顎で使うかを表す場合がほとんどです。 ・部下を顎で使う上司 ・子供を顎で使う親 ・夫を顎で使う妻 ・被験者を顎で使う研究者 立場が下の者を主語に置いて、その者を従えさせる上の立場の者という風に使いうことが多いです。 シンプルな覚え方として『〇〇を顎で使う△△』と覚えておくと良いかもしれませんね!