1分でわかる旭日旗

旭日旗とは

  • 太陽と朝日の光をモチーフとしたデザイン
  • 縁起の良いものとして親しまれている
  • 韓国・中国からは批判の的

「旭日旗」は白地に真っ赤な太陽と朝日の光をモチーフとしたデザインがとても印象的です。「旭日昇天の勢い」などの意味があり、とても縁起の良いものとして古くから日本人に親しまれてきました。 ところが、戦時中は旧日本軍の「軍旗」として、現在は「自衛隊旗」として使用されていることから、韓国・中国からは批判の的となっています。

旭日旗と落日旗、日章旗の違い

「旭日旗」は太陽と朝日の光をモチーフにしたデザインと赤と白のコントラストが印象的で、光を表すラインが16本のものが一般的です。 これに似たデザインの旗に「落日旗」があります。しかし「落日旗」は戦時中にアメリカ軍が日本の戦闘機を追撃した証として米軍機にペイントされたものですから「旭日旗」とは全く反対の意味となるのです。 なお「日章旗」とは「日本国旗」のことです。白地の真ん中に太陽を表す赤丸がデザインされていますが、「旭日旗」と混同しがちなので注意しましょう。

旭日旗の歴史

「旭日旗」の起源について正確な記録は残っていませんが、江戸時代頃から「縁起の良いもの」としてさまざまな場面で使われていたのは間違いありません。 さらに歴史をさかのぼっていくと、平安時代に九州の武家や豪族が太陽と光を表す「日足紋」を使用していたという記録もあるのです。そこで、「旭日旗」の歴史について解説します。

軍旗として使われていた

もともと「旭日旗」は軍旗としてデザインされたものではありませんが、戦前に軍旗として採用されたことから特に韓国からは批判の的となっています。 また、軍旗といえば海軍のイメージが非常に強くありますが、先に採用したのは1870年から使っている陸軍になるのです。 海軍で採用されたのは1989年10月ですから陸軍よりも20年後でした。その後、帝国海軍の船艇には「旭日旗」が必ず使われていましたから、海軍のイメージが強くなったのです。