センバツは開催か中止か?待たれる高野連の判断

センバツはこのまま開催されるのか?

  • 現在は無観客開催に向けて準備中
  • センバツ開催中止の可能性もあり
  • 野球以外のスポーツは軒並み開催中止

現状は無観客開催に向けて動く高野連

高野連はセンバツ高校大会について現状では無観客での開催を検討している模様です。無観客開催であれば大人数の人々が集まることもなく、コロナ感染拡大のリスクを最小限にして開催することができます。 センバツは毎年テレビでも中継されるためファンが試合を見れなくなるということはありません。 ただ現地で観戦したいという熱狂的なファンや高校関係者にとっては、無観客試合は残念なことです。とはいえコロナウィルス感染拡大を防ぐためには無観客試合での対応はやむを得ません。

中止も視野に11日の臨時運営委員会で決定

高野連は最終的に11日に開かれる臨時委員会でセンバツ開催に関する決定を行います。現状は無観客試合が濃厚ですが大会中止も視野に含めて委員会が開かれる模様です。 安全を第一に考えるのであれば開催中止が選択されることも十分あり得ます。開催か中止かは最終的に高野連が判断することとなるため、試合関係者やファンは決定を待つ他ありません。 開催される場合は選手の感染防止策など大会運営における対応策の模索など、高野連にとっては厳しい大会運営の環境が続きます。

学校は休校に、、その他のスポーツは中止

現在全国の公立小中高の学校は一部の地域を除いて休校状態です。 自治体によっては政府の要請を受け入れずに学校を開校しているところもありますが、都心部を中心にほとんどの学校が休みとなっています。 これに伴って各スポーツの大会も中止になっています。休校状態では練習することもできないので無理に大会を開いても選手たちが最高のパフォーマンスを出すことは難しいことや感染症に対する安全面の確保が難しくなっています。