2020年1月6日に新宿駅南口の歩道橋で自殺が発生

2020年1月6日の昼12時過ぎに、JR新宿駅南口にある歩道橋で1人の男性が首吊り自殺を図りました。男性は病院へ搬送されましたが、まもなく死亡しています。自殺現場は以前にも自殺未遂が行われた場所だったことから話題となっています。

男性がマフラーで首を吊り自殺

6日の昼12時15分頃に、警視庁新宿署に自殺しようとしている人がいると110番通報がありました。 駆け付けた警察は、歩道橋の手すりにマフラーで首を吊っている30代男性を発見しました。男性は通報の直後に歩道橋から飛び降りたものと見られています。 警視庁新宿署の発表では、自殺した男性は精神障害を患っていたようです。またこの男性は直前まで一緒にいた友人に対して、自殺を示唆する発言をしていたこともわかっています。

以前焼身自殺が起きた場所と全く同じ場所

自殺現場となった歩道橋は、甲州街道の道路上にある「ミロードデッキ」という橋でした。この同じ場所では数年前にも自殺未遂が行われています。 自殺未遂があったのは2014年6月29日のことでした。憲法解釈の変更に反対運動を行っていた男性が、所持していたガソリンを自らかぶり、火を付けて焼身自殺を図りました。 警察と消防による懸命の説得が行われましたが、午後2時頃に男性は自分に火を付けました。その後、男性は病院へ運ばれ、一命を取り留めています。