リスケとは

ビジネスシーンで「リスケ」という単語は頻繁に耳にしますが、一般的に知られている意味以外にも業界によっては明確に意味が定義されている場合があります。 この章では「リスケ」の意味と、語源となっている英単語についても説明します。この単語を正しく理解するためにも参考にしてみて下さい。

一般的なリスケの意味は「予定を変更すること」

「リスケ」は一般的には「予定を変更すること」という意味で使われます。 社内のミーティングや取引先と打ち合わせ日時を変更したい時に使いますし、場合によってはプライベートで遊びに行く予定を変更したい時でも使うことがあります。 ビジネスシーンでは広く知られている単語なので誰に使っても通用することが多いです。ただし、あくまでも「略語」であり初対面の人や信頼関係が構築されていない取引先や上司相手に使えば失礼に当たるので、使い所は注意深く選ぶ必要があります。

リスケの金融業界での意味は「返済の条件を変更する」

金融業界で「リスケ」を使う場合は一般的な用法と異なり意味が明確に決まっています。 金融業界における「リスケ」は「借入先の金融機関に、返済期限の延期や返済条件の変更を申し込む手続き」のことを言います。 一般的な使い方と同じように「予定を変更する」とニュアンスは似ていますが、「返済条件や期限」に関する変更というように意味が限定されているので注意が必要です。

リスケの由来の英語は「reschedule」

「リスケ」は英語の「reschedule」から来ており、日本語に訳した「リスケジュール」を略して「リスケ」と言っています。 音節を「re(再び)」「schedule(予定を組む)」と分ければ意味が分かりやすく、音節は「re-sched-ule」と3つに別れますがアクセントは第二音節の「sched」につきます。 そして英語の場合の意味も「予定変更」「返済期限の延長」で日本語と全く同じです。