相槌を打つの意味と読み方

(画像:Unsplash

コミュニケーションの基本である「相槌を打つ」行為。実践できてもその言葉の意味や使い方を正しく理解している方は少ないと思います。 まずは基本的な部分をご説明します。

「相槌を打つ」の意味は「相手の話に受け答えをすること」

(画像:Unsplash

「相槌を打つ」は相手の話に言葉を返したり、うなずいたりすることをいいます。「うん」「へえ」「そうなんだ」と短いレスポンスを返すことを「相槌を打つ」といいます。 あくまで、主体である話し手に調子を合わせ、話を促す意図のレスポンスを返すことをいいます。 自分の意見や感想をまじえた長い返事をする場合、「相槌を打つ」という言葉は使いません。

「相槌を打つ」の読み方

(画像:Unsplash

「相槌を打つ」は「あいづちをうつ」と読み、読み仮名をふる場合は「ず」ではなく「つ」が正解です。「槌」は一字では「つち」と読み、意味は物をたたく道具です。そのため、濁っても「づ」となるので注意しましょう。

「相槌を打つ」の使い方と例文

(画像:Unsplash

ここまで、「相槌を打つ」の意味と読み方について解説しました。続いて、「相槌を打つ」の正しい使い方と間違った使い方をご紹介します。 「相槌を打つ」は普段使いされる言葉だけに、誤った使い方をしているとわかる人にはわかってしまいます。きちんと理解して正しい日本語を使えるようになりましょう。