「barely」の発音と意味

(画像:Unsplash

英語の学習を進めていく中で「barely」という単語に遭遇したことはありませんか?英語のネイティブスピーカーの間で頻繁に登場するこの単語は、使い方と意味に少し注意が必要な言葉で、知っていないと正確な和訳ができません。 ここでは、例文をまじえながら「barely」について徹底的に解説します。うまく使いこなすことができると表現の幅が広がるので、ぜひこれを機に覚えておきましょう。 まずは、「barely」の発音と意味から説明します。

「barely」の発音は「ベアリー」

「barely」の発音は、カタカナで「ベアリー」です。発音のポイントは「ア」です。「ア」の音を出す時に舌を口の奥の方に巻き込んで、喉の奥から声を出すイメージで発音してみてください。 発音の仕方がピンとこない、という方はネイティブスピーカーの読み上げ音声を聞いてみましょう。特にアメリカ英語として発音される時には「ア」の音が特徴的に聞こえるので、発音の練習に役立ちます。 一方イギリス英語では「ベーリー」と聞こえるような発音で読まれることもあり、「ア」の音が聞き分け辛くなることもあります。イギリス人が読み上げている音声も聞き、アメリカ英語と聞き比べてみましょう。 「ベアリー」と平たく読んでも大抵のネイティブスピーカーはこちらの意味を汲み取ってくれますが、彼らに余計なストレスを与えないためにも自分のレベルアップのためにも、正しい発音を心がけることをおすすめします。

「barely」の意味は「ほとんど〜ない」

「barely」の意味は「ほとんど〜ない」でm肯定文の形を取っているのに意味は否定的になる単語です。 しかし、ポイントは「それでもなんとか少しはできた」というニュアンスが隠れているということです。同じ意味の単語として「hardly」も「ほとんど〜ない」と訳されますが、この単語には否定の意味しかありません。 ・I can barely understand what you are saying. (あなたの言っていることはほとんどわからない。) 「barely」によって「なんとか少しは理解できる。」というニュアンスが隠れていますが、「hardly」に置き換えると「わからない」という否定で終始します。このニュアンスを理解しておきましょう。

「barely」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「barely」は場合に応じて「かろうじて〜する」「〜するとすぐに」「わずか〜」という3つの意味に訳されます。 ここでは、例文と共に意味別に「barely」の使い方を説明します。例文を覚えて使い方をマスターし、細かなニュアンスを「barely」によって相手に伝えられるようになりましょう。