1分でわかるハリケーンカトリーナ

ハリケーンカトリーナ

  • アメリカ史上最大級の自然災害
  • 1,800人以上が死亡・約120万人が避難
  • ハリケーンの名前「カトリーナ」はリストから引退

ハリケーンカトリーナの名前の由来

(画像:Unsplash

「ハリケーンカトリーナ」はアメリカ史上最大級の被害をもたらしたハリケーンです。何と1,800人が死亡し、約120万人が避難を余儀なくされました。 日本の台風の場合、例えば「台風21号」のようにその年に発生した台風の発生順に番号がふられます。 アメリカでは番号の代わりに人の名前がつけられます。順番はアルファベット順です。カトリーナは「Katrina」と綴りますので、アルファベットの頭文字は「K」です。その年の11番目のハリケーンということになります。日本でいえば「台風11号」です。 カトリーナはもう二度とこのようなハリケーンには来て欲しくないという思いから、その名前が永久欠番とされました。これからも二度とカテリーナという名前がハリケーンに使われることはありません。

ハリケーンと台風の違い

日本で発生する台風とハリケーンの違いは主に熱帯低気圧が発生した場所です。 台風は主に西太平洋や南シナ海で発生した熱帯低気圧でハリケーンは主にカリブ海・メキシコ湾で発生した熱帯低気圧をさします。 また台風は最大瞬間風速が17.2m/s以上のものをさしますが、ハリケーンは最大瞬間風速が33m/s以上のものとなっています。

ハリケーンカトリーナの発生と経路

(画像:Unsplash

ハリケーンカトリーナはバハマの南東で発生しました。ハリケーンカトリーナはどのように発生し、どのような経路を辿ったのでしょうか?