15歳から活動を開始

グレタ・トゥンベリさんは初めて環境問題を知った時、ショックのあまり事態を理解できませんでした。原因は判っているにも関わらず、誰も適切な対策をしていなかったからです。 彼女は15歳の時に学校に行くのを止めました。二酸化炭素の排出量を減らす要求をスウェーデン政府に伝えるためです。その後彼女のストライキは話題となり、世界二知れ渡ることとなりました。

講演など様々な活動しノーベル平和賞にノミネート

たった一人で行っていたストライキが多くのメディアに取り上げられ、世界各国での講演も行うようになりました。グレタ・トゥンベリさんの姿に大人を含む多くの人が心を打たれ、彼女の意見に賛同する人も現れます。 また国連サミットなどでのスピーチも影響し、2019年のノーベル平和賞にもノミネートされました。

グレタ・トゥンベリさんの気候変動ストライキ

グレタ・トゥンベリさんを有名にしたのは毎週金曜日に行っていたストライキです。「未来のための金曜日」と名付けられたその行動は政府を動かすまでになりました。 彼女のストライキは全世界に波及し、世界中の若者たちが参加することになったのです。気候変動ストライキはどんなものだったのでしょうか。

【関連記事】セカンドレイプ問題を解説した記事はこちら