契約を承認する

契約を承認する際に「accept」を使うことができます。 ・We cannot accept the contract terms. We would like you to revise them. (私たちはその契約条件に同意することができません。修正をお願いできますか。) 「同意する」「承認する」と言いたい時に「accept」を使います。契約だけでなく、転職時の役職のオファーや提案などを認める時にも「accept」を同様に使うことができます。

クレジットカードが使えるか確認する

クレジットカードが使えるかどうか確認する場面でも「accept」を使用します。 ・A:"Do you accept VISA cards?"  B:"Certainly. " (A:VISAカードは使えますか。B:もちろんです。) クレジットカードや小切手など、現金以外の支払いが可能かどうかを聞きたい時には「accept」を使いましょう。

相手の意見に同意する

会議の場面において、「accept」を使って相手の意見への同意を示すこともできます。 ・A:"We need a little more budget for the new project."  B:"I can accept that." (A:新しいプロジェクトにはもう少し予算が必要です。B:私もそう思っている。) 「同意する」「認める」という意味で「accept」が使われます。許可を与えたい場合にも「accept」を使うことができます。

「accept」の対義語

(画像:Unsplash

「accept」の対義語として「拒絶する」「否定する」という意味の「deny」と「reject」が挙げられます。 続いて、「deny」と「reject」の意味と使い方を説明します。「accept」したくない場面では「reject」と「deny」を使って意見を表明できるようになっておきましょう。