【ビジネス英語】「accept」の実践的な英文を紹介!

ビジネス英語

2019年3月13日

「accept」はビジネス英語で汎用的かつ頻出の英語表現です。よく知れられている意味以外にも様々な表現ができるのが「accept」という英単語です。 実際のビジネス現場を想定した例文を数多く列挙しています。例文自体を覚えてしまうことで実践にいかせるものばかりです!

「accept」の発音と意味

「accept」はビジネス上で必須の単語です。 ビジネスでは上司に確認をとったり、部下の仕事をチェックする場面が多々あります。そのような場合に「accept」を使うことができると表現の幅が広がるので、使いこなせるようになっておきましょう。 まずは、「accept」の発音と意味から説明します。

「accept」の発音は「アクセプト」

「accept」は「アクセプト」と発音します。アクセントは「セ」に置かれます。 また、「ト」は破裂音です。そのため、「t」の音が会話の中では発音されず聞こえないこともよくあります。 「アクセプト」とカタカナ読みをしても伝わりますが、アクセントを意識し、最後の「t」を破裂音として発音することで相手が聞き取りやすくなります。ネイティブの音声を確認し、正しい発音を心がけてください。

「accept」の意味は「受け入れる」「承諾する」

「accept」は「受け入れる」「承諾する」という意味です。人や仕事を受け入れたり、支払いなどに応える時などに主に使われます。 ・I want you to accept that you belong here, and I want to hear the words. (あなたも自分がここの一員だと認め、何か意見を言ってください。) 上記の例文のように「事実を受け入れる」という使い方もできます。

「accept」のビジネス例文

続いて、「accept」のビジネスにおける使い方を例文とともに紹介します。 「accept」は「受け入れる」「承諾する」と許可を下す際に使われる単語で、ビジネス英語としても頻出します。契約の場面、支払いの場面、会議の場面で使うことができるので、使い方を覚えておきましょう。

契約を承認する

契約を承認する際に「accept」を使うことができます。 ・We cannot accept the contract terms. We would like you to revise them. (私たちはその契約条件に同意することができません。修正をお願いできますか。) 「同意する」「承認する」と言いたい時に「accept」を使います。契約だけでなく、転職時の役職のオファーや提案などを認める時にも「accept」を同様に使うことができます。

クレジットカードが使えるか確認する

クレジットカードが使えるかどうか確認する場面でも「accept」を使用します。 ・A:"Do you accept VISA cards?"  B:"Certainly. " (A:VISAカードは使えますか。B:もちろんです。) クレジットカードや小切手など、現金以外の支払いが可能かどうかを聞きたい時には「accept」を使いましょう。

相手の意見に同意する

会議の場面において、「accept」を使って相手の意見への同意を示すこともできます。 ・A:"We need a little more budget for the new project."  B:"I can accept that." (A:新しいプロジェクトにはもう少し予算が必要です。B:私もそう思っている。) 「同意する」「認める」という意味で「accept」が使われます。許可を与えたい場合にも「accept」を使うことができます。

「accept」の対義語

「accept」の対義語として「拒絶する」「否定する」という意味の「deny」と「reject」が挙げられます。 続いて、「deny」と「reject」の意味と使い方を説明します。「accept」したくない場面では「reject」と「deny」を使って意見を表明できるようになっておきましょう。

deny

「deny」は「否定する」「否認する」という意味の単語です。 ・She denied having met him even though I saw them talking to each other. (私は二人が話しているのを見たのに、彼女は彼に会ったことを認めなかった。) 上記の例文のように「〜について知らないと言う」という訳も度々使われ、「真実だと認めない」という強い意志を表します。状況に応じて、「認めない」という意味の訳を柔軟に使い分けるようにしましょう。

reject

「reject」は「拒絶する」「却下する」「受け付けない」という意味の単語です。 ・My credit card was rejected by the ATM. (私のクレジットカードをATMで使うことができなかった。) 上記の例文のように、支払いに関する手段が認められない時は「reject」が使われます。要求や提案、オファーを断る時にも「reject」を使って「受けることはできない」という姿勢を表すことができます。

まとめ

「accept」は「受け入れる」「承諾する」という意味です。 契約や支払い、意見の表明時に自分が「認める」ということを「accept」を使って表すことができます。ビジネスにおける外国人とのコミュニケーションを円滑にするためにも、「accept」の正しい使い方を覚えましょう。


関連記事