「accept」の発音と意味

(画像:Unsplash

「accept」はビジネス上で必須の単語です。 ビジネスでは上司に確認をとったり、部下の仕事をチェックする場面が多々あります。そのような場合に「accept」を使うことができると表現の幅が広がるので、使いこなせるようになっておきましょう。 まずは、「accept」の発音と意味から説明します。

「accept」の発音は「アクセプト」

「accept」は「アクセプト」と発音します。アクセントは「セ」に置かれます。 また、「ト」は破裂音です。そのため、「t」の音が会話の中では発音されず聞こえないこともよくあります。 「アクセプト」とカタカナ読みをしても伝わりますが、アクセントを意識し、最後の「t」を破裂音として発音することで相手が聞き取りやすくなります。ネイティブの音声を確認し、正しい発音を心がけてください。

「accept」の意味は「受け入れる」「承諾する」

「accept」は「受け入れる」「承諾する」という意味です。人や仕事を受け入れたり、支払いなどに応える時などに主に使われます。 ・I want you to accept that you belong here, and I want to hear the words. (あなたも自分がここの一員だと認め、何か意見を言ってください。) 上記の例文のように「事実を受け入れる」という使い方もできます。

「accept」のビジネス例文

(画像:Unsplash

続いて、「accept」のビジネスにおける使い方を例文とともに紹介します。 「accept」は「受け入れる」「承諾する」と許可を下す際に使われる単語で、ビジネス英語としても頻出します。契約の場面、支払いの場面、会議の場面で使うことができるので、使い方を覚えておきましょう。