レッドオーシャンとは

definition

definition(画像:Unsplash

ビジネス業界で耳にすることのある「レッドオーシャン」。企業に関する戦略論の中で提唱されたこのワードですが、どんなことを意味するのでしょうか。 「レッドオーシャン」に関する具体的な事例を見て行く前に、ここでまずこのワードの意味と由来を理解しておきましょう。

レッドオーシャンの意味

ビジネスにおける「レッドオーシャン」とは、「競争がとても激しい市場」を指します。 「レッドオーシャン」と表現されるような競争が激しい市場においては、基本的に企業同士の利益の奪い合いが行われます。このような状況において過激な価格競争などが繰り広げられ、非常に激しい戦いが繰り広げられます。 後ほど紹介しますが、「レッドオーシャン」での戦いでは多くの犠牲が生まれ、状況が悪ければ市場撤退などを余儀無くされることも少なくない、過酷な環境です。

レッドオーシャンの由来

「レッドオーシャン」の由来は、「血で血を洗う激しい戦いの様子」です。 「レッドオーシャン」は、直訳すると「赤い海」となります。「レッドオーシャン」と呼ばれる市場においては、先述のように苦しい戦いが繰り広げられます。身を削りながらも戦いが続けられる市場の様子を表すワードとして、W・チャン・キム、レネ・モボルニュ共著の「ブルー・オーシャン戦略」で紹介した概念です。

レッドオーシャンの対義語はブルーオーシャン

(画像:Unsplash

競合がひしめき合う状態が「レッドオーシャン」であるのに対して、「ブルーオーシャン」がその対義語となります。 同じく「ブルー・オーシャン戦略」で提唱された概念で、「ほかに競合がいない状態」を示します。既存の競争相手がほとんどおらず、その市場を独り占めできる状態に近いことを示します。 一方で、「ブルーオーシャン」は将来的に競争相手も参入してきやすいということになりますから、新規参入に備えて競争力を充実させておくことが大切です。