世界の要人達を悩ますグレタ恐怖症

世界の要人達は「グレタ恐怖症」に苛まされているのかもしれない。 先月に17歳になったばかりの少女に対し、米国のトランプ大統領や、ロシアのプーチン大統領などの各国大物政治家達が、批判やら嫌味やら大人気ないとも見える発言をしている。 つい先日には、EU(欧州連語)のジョゼフ・ボレル外務安全保障政策上級代表がグレタさんを揶揄、批判を浴び謝罪に追い込まれた。 なぜ、世界の錚々たる要人達がグレタ・トゥーンベリさんを批判したがるのか。それは、彼女の影響力の大きさに加え、社会を抜本的に変革していく温暖化対策は、既得利権を脅かすからであろう。

ボレル上級代表の皮肉

欧州での報道によれば、今月5日のボレル上級代表は欧州議会での会議で、温暖化対策を求める若者達について、「グレタ症候群に掛かっている」と皮肉ったという。 また、「温暖化対策で自分たちに何を強いられるのか、そして自分たちの生活水準を下げても構わないとちゃんと認識しているのか疑わしい」とも発言したのだという。 この発言はSNSなどを通じて瞬く間に広がりボレル上級代表は、ツイッター上で「気候変動(温暖化)とたたかう若者達の重要な運動に対する私の不適切な発言について謝罪したい」と、自身の非を認める事態に追い込まれた。

トランプ大統領対グレタさん

先月下旬には、スイスで開催された世界経済フォーラムの年次総会で、グレタさんと米国のドナルド・トランプ大統領が舌戦を繰り広げる一幕もあった。 トランプ大統領は「明るい未来のためには、世界の終末を語る預言者達に耳を傾けてはいけない」と発言。 これに対しグレタさんは「各国の指導者達は"子どもは心配するな、私達が解決する"と言いますが、何もしていません」「沈黙よりも、さらに悪いことは、空虚な発言・約束です」とトランプ大統領の楽観論を否定した。

プーチン大統領もグレタさんを批判

ロシアのウラジミール・プーチン大統領も、昨年10月にモスクワで開催されたエネルギー関連フォーラムで、グレタさんについて「途上国に太陽光発電を強要するとコストはどうなるのか」「優しくて誠実な女の子だが、情報に乏しい」と発言。 一方、グレタさんは自身のツイッターのプロフィールを「優しいが情報に乏しいティーンエージャー」と書き換えた。 これはプーチン大統領の発言をなぞらえたもので、欧米メディアはグレタさんがプーチン大統領にやり返した、と大きく報道した。