感無量とは

(画像:Unsplash

「感無量」という言葉に会話や文章の中で度々出会うことがあります。「感無量」は読み方が難しく漢字から意味を推測するのも難しい言葉です。文脈から何となく意味を予測するしかありません。「感無量」について学び適切な場面で使えるようになることが大切です。

感無量の読み方は「かんむりょう」

「感無量」の読み方は「かんむりょう」です。漢字の組み合わせで一見難しく見えますが、それぞれを素直に音読みすれば問題ありません。「かんぶりょう」は誤りなので読み間違えないよう注意することが大切です。 もともと、はかり知れないほど量が多い様子を「無量」といいます。「無量の喜び」と表現すれば、はかり知れないほどの喜びという意味です。「感無量」はこの「無量」に「感」を組み合わせた言葉です。

感無量の意味は「とても感動ししみじみとする」

「感無量」の意味は「とても感動ししみじみとする」です。感慨が大きく深く感じ入っている様を表します。 「感無量」は心の奥底からあふれ出すような深い感動を表す言葉です。そのため「映画が面白かった」「いいエピソードを聞いた」程度の場面で使うのは適していません。 「感無量」はその感慨の大きさから、自分の個人的な体験や家族・友人など近しい人とのエピソードに対して使われることが一般的です。

感無量は「感慨無量」と同じ意味

「感無量」は「感慨無量」と同じです。辞書でも2つの言葉は区別されていません。 もともとは「感慨」が「無量(はかり知れない)」ということからできた言葉ですが、長くて言いにくいことから、短縮して使われるようになりました。 最近では「感慨無量」は文章で書き表されることはありますが、会話やスピーチで使われることはあまりありません。「感無量」の方が歯切れがよく、感動を表しやすいともいえます。