富士そばは一大立ち食いそばチェーン店

これまでにない新メニューを打ち出し、密かにブームとなっているのが富士そばです。立ち食いというスタイルを守りながら、次々と新しいことに挑戦しているチェーンでもあります。 駅前で見かけることも多いと思いますが、何故立ち食いそば店が注目されているのでしょうか。富士そばが話題になっている理由を解説していきます。

富士そばの遍歴

全国展開していて、どこの駅にも見かけるようになった富士そばですが、その歴史は意外にも長く立ち食いそば界では老舗と言えます。 富士そばの一店舗めが出来たのは1966年の渋谷で、創業者の丹道夫が店主を務めていました。それから新宿、池袋と都心の繁華街に次々と店を構えていき、忙しい会社員の強い味方となったのです。 現在は東京を中心に129もの店舗がオープンしており、富士そば独自配合のそばと出汁を楽しむ方々が多く見られます。

富士そばはホワイト企業として有名:富士そば社長の考え

富士そば創業者の丹道夫は社員や家族に関わらず、人間の感情を大事にする方です。その考え方が企業経営にも活きており、社員が働きやすい環境を作り出しています。 どこのチェーン店も朝から開店しているお正月にも関わらず、富士そばだけはシャッターが閉まっている光景が話題なりました。店の儲けよりも社員のお正月休みを優先したのです。 社員を無休で働かせるブラック企業が問題になっている中だからこそ、社員を大切に扱うべきなのでしょう。

【関連記事】今問題になっている「ブラックバイト」の解説はこちら

富士そばは新メニューを様々考案

富士そばは大企業であっても、挑戦する心を忘れていません。いつ何時でも守りに入らず、新メニュー開発に力を注いでいます。 新メニューの中には食べるのを躊躇してしまうような商品もありますが、どれも目を引くメニューばかりなのが特徴です。常連客でも飽きさせない心意気が、ファンの心を惹きつけているのでしょう。富士そばのメニューについて紹介します。