在宅勤務が広がりzoomの利用者が急増

1分でわかるニュースの要点

  • オンライン会議システム「zoom」の利用者が急増
  • 情報漏えいなどのセキュリティ上の問題が多発している
  • zoon運営は今後、問題解決に努めていくことを発表

zoomのセキュリティの問題

利用者が増えているzoomですが、セキュリティの観点で様々な問題点が指摘されています。外部ユーザーによる乱入や個人情報の無断送信、エンドツーエンドの暗号化技術を使用していると誤った情報の表記をするなど、今後のzoomには多くの改善が必要です。

外部のユーザーの乱入、妨害

zoomの利用者が増えている現在、web会議に外部のユーザーが乱入して妨害をする「zoom爆弾」が問題視されています。 乱入した外部ユーザーは、web会議で侮蔑的な発言をしたり、露出行為をしたりなどの問題行動を起こしており、米国のFBIは注意喚起を促しました。 zoomのweb会議は、URLさえ知っていれば誰でも参加可能なので、会議の参加にパスワードをつけるなどの対応を取り、妨害行為を防ぐ必要があります。

facebookへの情報送信

米MOTHERBOARDの記者は3月26日、zoomのiOSアプリが無断でユーザーデータをFacebookへ送信していると報道しました。送信されていたデータは、アプリの使用状況や位置情報、利用機種などであると判明しています。 このことを受け、zoomは29日にiOSのアプリをアップデートし、データを送信するコードを削除して対応しました。米国カリフォルニア州では30日に、ユーザーが集団訴訟を起こしています。