1分でわかる日章丸事件

日章丸事件の全容

  • 日本の民間タンカーに世界が驚愕
  • 民衆に希望と勇気を与えた快挙
  • 石油メジャーも驚いた

日章丸事件とは日本の民間会社が、当時イギリスの支配下にあったイランから石油を輸入した事で生じた国際的な紛争の事です。 イギリスの包囲網を突破した日章丸は、まだ敗戦ショックを引きずっていた日本人に大きな勇気と自信を与えます。 また、産油国と直接取引したことで、石油メジャーの市場独占にも一石を投じる事となりました。

日章丸事件の概要

出光興産の出光佐三は、戦後日本の成長には安定したエネルギー供給が不可欠であると考えます。 そこで、当時イギリスに支配されるイランと占領下にあった日本とを重ね合わせ、タンカー日章丸を使ってイランより石油を輸入する事を決断します。無時帰還した日章丸の快挙は、国民に勇気を与え、その後の日本高度経済成長へと繋がっていきます。 では、その詳細を順を追って見ていきます。

1953年に起きた石油輸入に関する訴訟など

イランから石油を持ち帰った事で、イギリスは日本に対して激怒します。 1953年イギリス石油メジャーのアングロ・イラニアン社は、石油の所有権を主張して出光を東京地裁に提訴します。「英国」対「日本企業」の構図に日本国民は沸き立ちます。 当時アメリカはイギリスの振る舞いを快く思っていなかった為、沈黙を守ります。結果、出光側の正当性が認められ、アングロ・イラニアン社は、訴えを取り下げます。

イランが1951年に石油国有化を宣言

イランは石油の産油量が世界一でしたが、その開発はイギリスが担っていた為にイランの石油輸出を認めず、その価格も他の中東産油国の3分の1程度でした。 困窮するイランは、1951年油田の国有化を宣言します。それに対してイギリスはペルシャ湾に巡洋艦や駆逐艦を派遣します。イランの石油を購入したイタリアのタンカーがイギリス海軍に拿捕される事件も発生しています。 列強英国の行動に各国とも沈黙します。

【関連記事】イラン革命についてはこちら