テラスハウス出演の木村花さんが死去

1分でわかるニュースの要点

  • 女子プロレスラーの木村花さんの死去が発表
  • 木村花さんはSNSを通じて誹謗中傷を受けていた
  • 自殺の可能性が高く、SNSの使い方が問われている

「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん

木村花さんは1997年生まれで、インドネシア人の父親を持つハーフです。2016年に女子プロレスにデビューし、女子プロレス団体スターダムに所属していました。 2020年5月23日、女子プロレスラーの木村花さんの死去が、所属事務所の発表で明らかになりました。享年22歳でした。木村花さんは人気ネット番組「テラスハウス」に出演しており、3月31日の放映以後にSNSで多数の誹謗中傷を受けていたとのことです。 詳しい死因は調査中ですが、木村花さんの死は自殺の可能性が高く、コミュニケーションツールとしてのSNSの使い方が改めて問われることになりそうです。

SNSなどでの誹謗中傷が後を絶えず

3月31日に配信された「テラスハウス」第38話で、ある問題が起きました。木村花さんと他の出演者との間で揉めごとが発生し、その中での言動が問題視されました。SNSには誹謗中傷が殺到し、多い時には1日に100件も心ないコメントが届いたそうです。 木村花さんは非常に悩んでいたらしく、5月23日午前3時頃にリストカットらしき自撮り写真と、悩みを打ち明けるつぶやきをTwitterに投稿していました(現在削除済み)。またInstagramのストーリー(一定時間で自動消去されるメッセージ)には、「さよなら」という言葉も残されています。 これらの事情や死去直前の状況から、木村花さんの死因は自殺と見られています。

問題となったSNSの誹謗中傷と芸能人

SNSは過去十数年間で急速に発達しました。TwitterやInstagramは国内だけでも、それぞれ月間数千万人もの人が利用する巨大サービスと化しています。一般人も手軽に意見を発信できるのが魅力ですが、芸能人を槍玉に挙げて誹謗中傷が殺到するなどの問題も起きています。