「メディアリテラシー」とは

(画像:Unsplash

情報社会が世界中で発展を続ける現代では、この「メディアリテラシー」について正しく理解する必要があります。 しかし、聞き慣れているにもかかわらず意味を理解していない方も多くいます。 この情報社会を生きる上で重要な知識である「メディアリテラシー」について、まずは基本的な意味から解説していきます。

「メディアリテラシー」の意味は「メディアを利用する技術や、伝えられた内容を分析する能力」

「メディアリテラシー」には意味が2つあります。 1つめはメディアや情報通信機器を使いこなす力です。テレビや新聞、インターネット、スマートフォンから電子メール、ブログ、SNSなど、これらのメディアの特性を理解した上で利用する技術のことです。 2つめはメディアが伝える情報の正しさを判断する力です。インターネットなどで見た情報が全て正しいと思わず、主体的・批判的にその情報の本質を読み解き、内容を分析する能力を指します。

「メディアリテラシー」は現代人にとって必須

現状、現代人は情報に振り回されています。 インターネットでは様々な情報が瞬時に与えられ、とても便利な機能です。しかしその反面、情報を深く読み解かず、数多ある記事のほんの一部を流し読み、わかった気になってしまいがちです。 ネットの普及、ITの急速な発達に伴って情報の発着信の手段は日々変化し、今後も進化を続けていきます。そうした現代を生きる人々にとって「メディアリテラシー」は習得必須の力です。

立場で異なる「メディアリテラシー」

(画像:Unsplash

テレビや新聞しか存在しなかった時代と異なり、誰もが気軽に情報の発信者にも受信者にもなり得る時代だからこそ、「メディアリテラシー」について知識を深める必要があります。 そして、「メディアリテラシー」は情報の発信者と受信者によって異なる意味合いを持っています。ここではその立場によって異なる「メディアリテラシー」について解説します。