緊急事態宣言で休業する店舗を狙った空き巣

政府は16日に緊急事態宣言を全国の地域に拡大すると発表しましたが、感染拡大を受けて飲食店や学校の休校など外出が自粛される中、繁華街の飲食店などでは早くも窃盗や空き巣といった犯罪が起きています。 大阪府の繁華街北新地では緊急事態宣言が発令された7日から空き巣被害が発生しており、高級ウイスキーや釣銭などが盗まれるといった被害が発生しています。

休業を知らせる張り紙が犯罪者には好都合

緊急事態宣言を受けて繁華街の飲食店などが営業を自粛していますが、休業を知らせる張り紙が呼び水となって窃盗被害にあうケースが増加しています。 休業中の店舗や事務所では休業を告げる張り紙がされていますが、犯人にとっては店内に従業員らが不在であるという目印にもなってしまい、更に外出自粛によって人通りが少ないことで空き巣が侵入しやすい状態になっています。

お店ができる対応は?

飲食店では空き巣被害防止の対応として出入口や窓の施錠の徹底、現金や高価な商品は置かない、防犯カメラの設置を行うとしています。大規模繁華街を抱える大阪府警察府民安全対策課では、「対策を徹底してもらい、被害を減らしたい」と防犯対策の徹底を呼び掛けています。 大阪府では空き巣や窃盗の対策に積極的に乗り出しており、「安(あん)まちメール」というメールサービスを始め、犯罪発生情報とそれぞれの被害を防止するための防犯対策情報を警察からリアルタイムでメール送信しています。