ブラックマンデーは香港を発端とした株価大暴落した世界恐慌

ブラックマンデーとは

  • 香港で株価大暴落が始まった
  • ブラックマンデーの原因は諸説あり
  • コンピューターの自動売買が株価の下げを加速した

「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」とは1987年10月19日に起こった世界同時株安の事です。この日は香港市場から株価の暴落が始まり、欧州を経由して米国へと波及していきます。 ニューヨーク・ダウ平均株価は、開始早々から売り注文が殺到し、508ドル(22.6%)も下落します。過去最大の暴落でした。

ブラックマンデーの起きた時代背景

1980年代の米国は財政赤字と貿易赤字に悩まされていました。大型減税で税収が不足して国債を増発しますが、内需の過熱で足りないモノを輸入に頼っていたからです。 また、景気停滞にもかかわらず物価が上昇するスタグフレーションも、米国市民の生活を直撃しました。当時の米国を見ていきましょう。

双子の赤字

財政収支の赤字と貿易収支(経常収支)の赤字をまとめて「双子の赤字」と呼びます。 財政収支の赤字とは、国の歳入よりも歳出が多くなり、その赤字を埋めるために国債を増発する状態です。主な歳入は税収で、歳出は軍事費の増額や社会保障費を手厚くすることで増えていきます。 貿易収支の赤字とは、輸入が輸出よりも多い状態をいいます。例えば、海外から自動車を大量に輸入しても、輸出する農産物の金額が少なければ、トータルでは赤字となります。

スタグフレーション

「スタグフレーション(stagflation)」とは、景気停滞(stagnation)と物価上昇(inflation)が、同時に発生する状態を示す合成用語です。正常な経済活動においては、経済が安定して好景気が続けばインフレが発生します。 ところが、景気が悪化していく中でインフレが発生すると経済の舵取りが難しくなります。 景気停滞で人々の所得が減るのに、インフレで食料品やガソリン代が値上がりするからです。