1分でわかる京都認知症母殺害心中未遂事件

京都認知症母殺害心中未遂事件とは

  • 心中未遂で認知症の母親が死亡し、息子が生存
  • 母親殺害の息子に同情すべき点が多く、温情判決
  • 事件で介護疲れや制度不備など、介護問題が浮き彫りに

京都認知症母殺害心中未遂事件の概要

2006年に京都市の河川敷で発生した殺人事件です。介護疲れと貧困を苦にした息子が認知症の母親と心中を計り、幸か不幸か息子だけ助かってしまいました。息子は血塗れで倒れていたところを発見され、警察に逮捕されました。

母親の介護により生活に困窮した息子

事件の当事者は被害者となった86歳の母親と犯人の54歳の息子です(年齢はいずれも事件当時)。1995年に父親の病死後、母親の認知症が段々深刻化したそうです。 2005年頃には母親の夜間徘徊が2日に1度起こり、息子はその面倒を見るために生活の大半を裂かなければいけなくなりました。やがて仕事との両立が困難になった息子は休職して付きっきりの介護生活を送ることとなります。 その結果2人は母親の月々の年金5万円での生活を余儀なくなれます。しかし家賃や食費、デイサービスの支払いがあるので、収入はほぼゼロだったようです。事件の起きた2006年には、家賃も支払えなくなるほど追い詰められていました。

職を失い生活保護も受けられず母親と心中を決意

生活に困った息子は福祉事務所へ生活保護受給の相談もしています。しかしこの時は自己都合による休職を理由に職員に断れていました。 母親の認知症の進行で復職を諦めた息子は結局仕事を辞めることになりました。失業保険で日々を食いつなぐものの、やはり生活は改善しませんでした。そこで息子は再び相談に出向くのですが、今度は失業保険の受給があだとなって再度断られてしまいます。 事件発生の一ヶ月前2006年1月には手元に7,000円の現金しかなかったそうです。家賃も払えず1日2食の食費も厳しくなった結果、息子は母親との心中を決意しました。