「gonna」は「going to」の略

(画像:Unsplash

「gonna」は「be going to」の「going to」部分の略語(短縮形)です。 「gonna」が使われる理由として、「I'm going to~」と話すのに時間がかかることが挙げられます。「I'm gonna~」と話すと、時間を短縮して話すことが出来ます。日常英会話でよく使われるフレーズです。。 「gonna」と書きますが、読み方は「ガナ」「ゴナ」となります。「ゴナ」で普通に通じますが、早くなると「ガナ」になります。

「gonna」の意味は「〜する予定」

(画像:Unsplash

「gonna」の意味は「~をする予定」や「これから~するつもりだ」になります。正確には手前に「be動詞」を入れますが、省略することもできます。その場合はややくだけた表現になります。 未来形の「will」との違いは「すでに決まっていたかどうか」になります。 「その場で決めたこと」は「will」、「すでに決まっていたこと」は「gonna(going to)」に分けられます。「gonna」は以前から決まっていたことを話す場合に使われます。

「gonna」の正しい使い方

(画像:Unsplash

「gonna」はさまざまな「予定」を話す時に使われる言葉です。 では、「gonna」は主にどんなシーンで使われているのでしょうか。 以下では、実際に「gonna」が使われる2つのシーンについて解説します。

「gonna」は親しい間柄で使う

「gonna」は英語圏では当たり前に使うフレーズです。アメリカ人やイギリス人等の方々は会話で「gonna」を「going to」よりも多く使います。日常英会話では初対面の人であっても、相手と打ち解けるために使用することが通常です。 英語圏で当たり前に使われるので、かなり早いスピードで「ガナ」と発音されます。注意して聞き分けるようにしましょう。「ガナ」の発音を覚えておいて、相手の口元を見るようにすることで、より英会話の理解が深まることになるでしょう。