新型コロナウイルスの影響で北海道物産展が軒並み中止に

今月7日に発出された緊急事態宣言によって大手百貨店は今月8日から営業を自粛しており、予定していた北海道物産展も軒並み中止されています。札幌市商工会議所ではウェブサイトを開設し売り上げの回復と販路確保の支援を始めました。

出店予定のお店が在庫を抱えた状態に

例年なら多くの客で賑わう北海道物産展ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で百貨店の閉店が相次ぎ、物産展に出店を予定していた企業や店舗は多くの在庫を抱えた状態になり厳しい経営が続いています。 物産展では定番の人気商品である北海道特産の生乳やトウモロコシを使ったスイーツ、ホタテやイクラを使った水産加工品なども在庫が積み上がり各企業や店舗はオンラインショップでの販売に力を入れています。

札幌商工会議所が「緊急在庫処分SOS!」

札幌市商工会議所では新型コロナ対策掲示板「緊急在庫処分SOS!」の名称でウェブサイトを開設し80を超える企業や店舗の情報を掲載し支援を行っています。 また、ツイッターのアカウントも立ち上げフォロワー数が1万9千人を超える人気アカウントになっており、投稿やウェブサイトを閲覧した人には掲示板の拡散を呼びかけ支援の輪を広げています。