1分でわかるニクソンショック

ニクソンショック

  • 1971年にニクソン大統領が金と米ドル紙幣の交換停止を発表
  • これによりブレトン・ウッズ体制の維持が不可能となる
  • 日本でも1ドル360円の固定相場制が終了する事態に

「ニクソンショック」は1971年8月15日にアメリカのニクソン大統領が、金と米ドル紙幣の交換停止を含めた経済政策を発表したことから始まります。その影響で、既存の世界秩序は方向転換を余儀なくされました。 今回は「ニクソンショック」とは何か、日本への影響などについて解説します。

ニクソンショックの背景

「ニクソンショック」は当時のニクソンアメリカ大統領が経済政策を大きく変更したことにより、世界経済の枠組みまで大きく変換した注目の出来事でした。 なぜ「ニクソンショック」が起こったのか理解するためには、当時のアメリカの状況について知っておく必要があります。

ブレトン・ウッズ協定

「ブレトン・ウッズ協定」とは世界通貨体制を指し、1944年から1971年まで続きました。米ドルを基軸に、世界各国の通貨為替レートを決定する仕組みです。 このブレトン・ウッズ協定により「国際通貨基金(IMF)」「国際復興開発銀行(IBRD)」が設立され、ドルと金の兌換(だかん)を維持します。 そしてブレトン・ウッズ協定では、米ドルだけが金と交換することを保証されていました。その背景には圧倒的な生産力を持っていたアメリカが世界各国に輸出することで貿易黒字を得たことで、大量の金を蓄えていたことがあります。

アメリカでインフレが進む

1960年代に入ると、西欧諸国の経済力が次第に回復していきました。そして日本も高度成長期に入ります。これにより、米ドルが海外に流出するようになりました。 1965年にアメリカはベトナム戦争に軍事介入し、軍事費が財政を圧迫するようになり財政赤字が進みました。 財政赤字と国際収支の赤字拡大によって、アメリカではインフレが進む結果となりました。