5sとは「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」

alt = "5sとは"(画像:pixnio

5sとは「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」を意味し、職場環境の改善で最も重要な要素です。 今回は5sの各要素の説明、5s導入によるメリット及び成功例をご説明します。

整理

「整理」とは、「バラバラに散らかって片付いていない無数のものを、必要なものと不必要なものに分類する」と言う意味を持っています。 たとえば、引越しをする時、必要なものは取っておき、そうでないものはゴミとして処分するかと思います。 このように、無数のものから本当に必要なものだけを抽出する作業を「整理」と呼ぶのです。 さらに「整理」には、抽出した必要なものを必要性に応じて、さらに細かく分類する作業も含まれます。 これによって、何が最も必要であり、あまり必要でないかが人目で分かるようになります。

整頓

「整頓」とは、「バラバラに散らかって片付いていない無数のものを、どこにあるのかわかりやすいように、適切に配置する」と言う意味を持っています。 「整理」が「片付いていないものを必要か不必要かで分類すること」を意味するのに対して、「整頓」では「ものを分類するのではなく配置すること」に重点を置いていると言う違いがあります。 机の上に散らかったものを机の中にしまうことを「整頓」と呼ぶ人もよくいますが、それは見かけが綺麗になっただけで「整頓」とは言えません。 たとえ、乱雑に見えても、すべてのものがどこにあるのかわかるように配置することが「整頓」と言うのです。

清掃

「清掃」とは、「部屋などの空間に溜まったごみやほこり、汚れを取り除いて、綺麗な状態に保つこと」を意味します。 「清掃」の「清」は綺麗な状態であることを意味し、「掃」は箒でちりを払うように不必要なものをすべて取り除くことを意味します。 つまり、この「清」と「掃」を組み合わせて、「不必要なものをすべて取り除き綺麗にする」=「清掃」となるのです。 「清掃」には、単純にごみや汚れを取り除く作業を指す場合が大半です。 しかし、会社にとって不必要なタスクや備品などを排除して、効率性を高める場合も指しています。