ニッチの基本の意味は「すきま、場所」

(画像:Unsplash

「ニッチ」の意味は「すきま、場所」です。一般的に気にとめられていない狭い空間のことを「ニッチ」といいます。「気にとめられていない」という意味が転じて、少数派を表すこともあります。 大多数に埋もれてしまわないことが「ニッチ」の要件です。そのため、「一風変わった」「他とは一線を画す」ものを「ニッチ」と言い表すこともあります。 「ニッチな」という形容詞として使われることが多々あり、「ニッチ産業」のように他の熟語と組み合わせて使われることもあります。

ニッチは英語の「niche」に由来

「ニッチ」は英語の「niche」に由来します。「niche」は、聖像や花瓶などを置くために壁に設けられたくぼみを表します。また、「ちょうどいい場所」という意味から自分の得意分野や才能を活かせる場所を、以下のように「niche」と表現することがあります。 ・I found a niche in this industry. (私はこの産業で自分の得意分野を見出した。) 日本ではマーケティング用語として用いられることが多いですが、英語の「niche」はより幅広い意味で用いられます。

ニッチの様々な業界での意味と使い方

(画像:Unsplash

英語では幅広い意味で使われることのある「niche」ですが、日本で「ニッチ」と使う場合は主に3つの意味があります。一般的にビジネス・産業分野で使われる意味と、建築・生物学など特定の分野で使われる意味は異なります。 「ニッチ」の意味を理解し、しっかり使い分けができるようになることが大切です。

産業、市場の分野では「競合性の低い」

一般的なビジネスにおいて「ニッチ」は「競合性の低い」という意味で用いられます。「ニッチ市場」「ニッチ戦略」など名詞と組み合わせて使われることが多いです。例文は下記の通りです。 ・市場調査によって開発されたニッチ商品の売れ行きが好調だ。 数は多くなくても確かなニーズが見込める分野というのは、まだ競合他社に発見されていないため、大きなビジネスチャンスとなります。そのため、「ニッチ」は肯定的な意味で使われるのが一般的です。