1分でわかる深見東州

深見東州とは

  • 神道系の「ワールドメイト」の教祖
  • 国内外に13の会社を展開する実業家
  • 芸術やエンタメなどの分野でも活躍

深見東州氏とは、さまざまな宗教に精通している宗教家であり、神道をベースとした「ワールドメイト」の教祖として活動しています。著書「強運」は累計発刊物数160万部を超えています。 さらに、国内外に13の会社を展開する実業家であるとともに、芸術やエンタメ、スポーツの分野にも活動の場を広げ、東京ヴェルディのメインスポンサーも務めているのです。

謎多き宗教家・実業家の深見東州とは

(画像:Unsplash

深見東州氏は神道系の新興宗教である「ワールドメイト」の教祖です。その会員数は7万人を超えている一方で、実業家としても大きな成功を収め、13の会社を経営しています。 さらには、芸術やエンタメの分野でもマルチな才能を発揮するなど、謎の多い宗教家として知られているのです。ここでは深見東州の実態について紹介します。

生い立ち

深見東州氏は由緒ある酒樽製造業を営む両親のもとに生まれ、母の影響を受け10歳頃から「世界救世教」を学びました。 高校時代になると母の病気をきっかけに「大本教」に転向します。そして、浪人時代の3年間には読書に明け暮れるようになり1,000冊もの書籍を読破したのです。 その後、同志社大学経済学部に入学した深見氏は大本教幹部である出口京太郎氏に師事するとともに、大学では英語研究会で英語によるコミュニケーション力を磨き、現在の活動の礎を築きました。

深見東州の思想や主張

深見東州氏は、仏教をはじめさまざまな宗教に精通しています。自身の宗教は神道にあると言い、天皇制を重視し世界連邦の形成を目的だと主張しているのです。 また、宗教家はその時代の人々と同じ視点に立つことが大切だと考えています。「自身がビジネス社会に身を置くことで、人々がどんなことに悩み・苦しんでいるのか、何を大切にしているのかを感じることができる」と言います。 また、深見氏は伝統に固執するのではなく、先進的なものも積極的に取り入れているのが特徴です。